バドミントンプレー中の事故と損害賠償

バドミントン教室の仲間4人が体育館でプレー中,ペアの女性がシャトルを打ち返そうとラケットを振ったところ,前にいた女性の左目に当たり,女性の目が見えづらくなり生活に支障が出た事案について,裁判所が損害賠償を命じたことが報道(共同通信)されました。スポーツ中の選手同士の事故であり,ボクシングなどのスポーツと異なることから,損害賠償が認められたものと思われます。今後は,保険に入っておくことが必要になるでしょう。

2018年11月01日